クルマの未来形がここに集結!
Canadian International AutoShow
(2013年2月15日記事)

今回で40回目を迎えるカナディアン・インターナショナル・オートショーが、今年も2月15日から24日まで開催される。昨年は過去最高の31万人以上の入場者数を記録。4 0周年の記念の年である今年は特別イベントも予定され、さらに多くの入場者が期待される。

会場となるのは、メトロ・トロント・コンベンションセンター。広大な会場では、各自動車メーカー、ブランドがカナダ国内向けに最新モデルを披露。また、初公開モデルのプレゼンテーションなどが華々しく展開される。最新のテクノロジーを駆使したエンジン、クルマの未来を予感させる斬新なデザイン、環境に優しいエコカーなど、各社が独自に研究・開発繰り返して実現した自信作が一堂に会する様子は壮観だ。

各メーカー、ブランドの技術・デザイン的な方向性を体現した最新モデルをいち早くチェックできるほかには、会場で実際に憧れのクルマのシートに座り、インテリアの感蝕を確かめたりできるのもうれしい。また、ディーラーも駐在しているので、購入を考えている人はこの機会に多くのクルマを見比べて、セールス担当者に相談してみるのもいいだろう。

技術面において世界でトップレベルのクオリティを誇る日本車はカナダ市場においても人気が高く、オートショーでも毎年その存在感をアピール。ここでは、同オートショーに出展予定の日本車ブランドのクルマの一部を紹介しよう。


※オートショーフォトギャラリーはこちら!

NSX Conceptアキュラ www.acura.ca


従来同様の軽量ボディに加え、フロントに搭載された電機モーターが前輪を駆動。走りと燃費性能を両立したハイブリットの4 輪駆動スーパースポーツカーが実現した。「ヒューマン・サポート・コックピット」をコンセプトに、運転に集中できる空間を目指した運転席にも注目。



Urban SUV Conceptホンダ www.honda.ca


「フィット」の車台やメカニズムを利用した小型SUV デザインは、ダイナミックかつ躍動感を重視。「CR-V」より約230mm コンパクトなボディは、クーペのようなルックスを追求している。「マジックシート」を採用し、シートアレンジや荷物スペースの拡大が簡単に行なえる室内も機能的だ。



Q50インフィニティ www.infiniti.ca


新型セダンのQ50は、波を思わせるカーブとひだを多様した外装、フロントグリルの形状や後部からルーフにつながるピラー基部の膨らみという細部のデザインにより、さらに進化していくインフィニティを表現。一方、内装には大型デュアルタッチパネルを2 台備えるなど利便性を実現した。



LF-CCレクサス www.lexus.ca


新開発の2.5リッター4気筒エンジンとレクサス自慢のハイブリットシステムを組み合わせることで高い環境性能を実現するコンセプトカー。「L」をモチーフにした意匠が各所に配されたLF- CC のデザインコンセプトが、陰影を強調するメタリックカラーにより際立つ。



CX-5マツダ www.mazda.ca


マツダ独自、世界一の高圧縮比14.0 により効率の良いエンジンに作り変えるシステムであるSKYACTIV を、トランスミッション、ボディ、シャーシなど全面的に搭載したCX-5。先月発表された全米IIHS(道路安全保険協会)による2012 年度の「トップ・セーフティ・ピック」に輝いた実績を持つ。



Resonance日産 www.nissan.ca


デトロイトで「アイズ・ン・デザイン・アワード・フォー・ベストコンセプト・ビークル」に選出された斬新なエクステリアのテーマは、エネルギッシュとプレミアム。1 モーター2 クラッチとCV T、リチウムイオン電池を組み合わせたハイブリッドパワートレインによるAWDもポイントだ。



Scion FR-Sサイオン www.scion.ca


カーレーサーの理想を追求したコンセプトカー。スバルの水平対向エンジン技術とトヨタの最新直噴技術D-45 を組み合わせた世界唯一の「水平対向・D-45」エンジンを搭載したFR-S は、従来のスポーツカーとは別次元の「運転して楽しい」が体感できるスポーツカーだ。



Foresterスバル www.subaru.ca


「最新で最高のスバルの技術が入っている」という4代目新型フォレスター。次世代トランスミッション「新リニアトロニック」の搭載により、燃焼効率の良い運転領域を常に活用。優れた燃費性能とリニアな加速を可能にした。高い安全性と運転の楽しさを両立したAWDとなっている。



Fun-Viiトヨタ www.toyota.ca


未来感満載のコンセプトカーは、スマートフォンにタイヤを4つ付けたようなクルマと表現される。ボディ全面をディスプレイ化し、外装の色や表示項目を自由に変更可能。また、車内インテリアも気分に合わせて選択できる。人と車と社会がつながる未来を具現化した一台。



Information


【日 時】2月15日(金)12:00 ~ 22:00
     16日(土)~23日(土)10:30 ~ 22:00
     24日(日)10:30 ~ 18:00

【場 所】 Metro Toronto Convention Centre(255 Front St. W.)

【入場料】大人$22
     ※トロント・スター、トロント・サン紙掲載のクーポン持参で$5 割引あり
     子ども$7、Two-Day Pass $32、
     Family Pass(大人2人、子ども2人)$44

【連絡先】 905-940-2800

【サイト】www.autoshow.ca