ハロウィン特集2014
(2014年10月14日記事)

もうすぐハロウィンの季節! 今年はハロウィンの10月31日が金曜日なのもあって、例年よりさらに盛り上がりそう。この記事では、ジャック・オー・ランタンの作り方にコスチューム店に抑えておきたいイベントまでどーんとご紹介。今年のハロウィンを何倍も楽しくする情報が満載です!

そもそもハロウィンの起源とは?

nob morley
ハロウィンは暦上の行事の中で一番古く、古代ケルト人の秋の収穫祭「サーウィン」が起源だといわれている。古代ケルト人の一年の終わりは10月31日。その日は現世とあの世の境目が曖昧になると信じられており、死者の霊が親族の元に戻ってきたり、悪霊が生きている者の体に乗り移ると言われていた日であった。 そのため秋の収穫を祝い、かつ悪霊を追い出す祭りが行なわれるようになったとされる。さらに伝来したキリスト教の影響などを受け、現在のハロウィンの形になっていった。ちなみに、ハロウィンという呼び名は、キリスト教(カトリック)から来たという。

カトリックでは、11月1日を全聖者の日(オール・ハロウズデーまたは、オール・セインツデー)、10月31日をハロウズデー・イブと呼んでいた。そのハロウズデー・イブがなまり、現在の呼び名「ハロウィン」になったという。

トリック・オア・トリート!

ハロウィンの夜、仮装をした子供たちは「Trick or Treat!」と叫びながら、各家庭を廻る。これは、「いたずらされるのが嫌だったらお菓子を頂戴!」という意味。

このセリフを叫ぶ子どもたちが、玄関に来たらお菓子をあげよう。

でも、そこでちょっとした注意が必要。アレルギーを持った子供もいるので、ピーナッツの入っていないものもしくは、ナッツが入っていることが表示されているもの、そして、必ず市販の包装されたお菓子をあげよう。


ジャック・オー・ランタンの作り方

ハロウィンでよく見かけるかぼちゃの置物は、『ジャック・オー・ランタン』と呼ばれている。このランタンは嘘つきで酔っ払いのジャックという男が、死んだにもかかわらず、天国にも地獄にも行けず、最後の審判の日まで、このランタンを持ってさ迷い歩いたというアイルランドの昔話から来ている。

このランタン、作り方はとっても簡単だから、今年は手造りのランタンでハロウィンを祝ってみては?

(1)かぼちゃのへたの部分を丸く繰り抜く。
(2)中身をスプーンなどで取り出す。
(3)マジックなどでかぼちゃの表面に顔を書き、ナイフで繰り抜く。
(4)中にろうそくを入れ、へたの部分を戻す。
※かぼちゃの中から取り出したタネは、塩味をつけてオーブンで焼き、子供達のおやつにするのが一般的なので試してみて。


ハロウィンといえば仮装!充実のコスチューム店

Creepers

ダッファリン・モール内にもあるコスチュームショップ
www.creepersonline.com/bootique_store

Malabar

本格的な仮装をするならここ! オズグッド駅からすぐ
www.malabar.net

Spirit Halloween Toronto

カナダ・アメリカで大規模展開しているチェーン店。ダンダス駅すぐそばにも店舗あり。
www.spirithalloween.com

Party City

トロント市内や郊外の大型ショッピングモール内などで展開
www.partycity.ca


次は今年のハロウィンのイベントを紹介!