五感を刺激する10日間
芸術と創造性を祝うフェスティバル
Luminato
Toronto's Festival of Arts and Creativity
(2013年6月7日記事)
トロントの夏の風物詩といえば、賑やかな屋外イベント。そのスタートを切るのがアートと創造性を祝う祭典「ルミナト」だ。音楽や視覚芸術のほかに、マジック、演劇、ダンスなど多様なパフォーマンスが6月14日から23日に亘り、トロント市内各所で繰り広げられる。
ルミナトは、「コラボレーション」「アクセシビリティ」「多様性」を指針としている。「コラボレーション」とは、異なる地域、文化、世代のアーティストとの共演を実現し、新たなインスピレーションを発掘すること。
「アクセシビリティ」は、多くの人が楽しめるよう無料のイベント、また、有料のイベントも低料金を目指すこと。「多様性」は、トロントの文化的多様性を大切にすることだ。また、「新しい」作品を啓発することも目的の1つとしており、将来性豊かな芸術家をサポートしている。そのため、斬新かつ稀少なアートが手頃な値段で楽しめる。第7回目を迎える今年は、ヨーロッパツアーでソールドアウトを記録したイギリス発のパフォーマンスアート「The Life and Death of Marina Abramovic」など、北米では初披露となる国際的評価の高い演目も予定されているので要チェック。さらに、新たな試みとして加わっているのがコミュニティ参加型イベント。クィーン・ストリート・ウエストにあるトリニティ・ベルウッズ公園では、「A Liberary Picknic」と題し、60人の作家を集めて、読者と気軽に交流できるイベントを開催。また、クラシック音楽ファンに嬉しいトロント・シンフォニー・オーケストラとともに演奏体験ができる演奏会「Music Mob」も行なわれる。アートという名の下に多彩なイベントが開催される10日間。街中で行なわれているイベントにぜひ気軽に参加してみよう。あなたの眠っていたインスピレーションが刺激されるに違いない。

The Life and Death of Marina Abramovic


世界的に有名なパフォーマンス・アーティストのマリーナ・アブラモヴィッチによる北米初披露のステージ。前衛舞台芸術の巨匠ロバート・ウィルソンが指揮を執るアーティスティックな世界を堪能しよう。公演前にディレクターによる解説が行なわれる。チケット購入者はそちらにも参加可能。

【日 時】6月14日(金)・15日(土)・17日(月)19:30 ~22:00
     6月16日(日)14:00 ~ 16:30
【場 所】Bluma Appel Theatre(27 Front St. E.)
【入場料】$55 ~ 125


Space Cadet



レディオ・ヘッドやビースティ・ボーイズとも共演経験のあるDJ Kid Koala。浮遊感のあるシートに横たわり、スクリーンに映されるアニメーションを観賞しながらヘッドフォンにて彼が創り出すサウンドを楽しもう。視覚、聴覚、触覚、臭覚を刺激する夜が体感できる。

【日 時】6 月14 日(金)・15 日(土) 22:30 ~ 24:30
【場 所】David Pecaut Square (55 John St.)
【入場料】$20


Gob Squad



イギリスとドイツの学生が設立した演劇を学ぶ集団GobSquad による実験的イベント。60分の制限時間を設け、ビデオカメラを片手に街に繰り出し、通行人をキャストに物語を創り出す。即興性が生み出す映像にはどんな結末が…?

【日 時】6月20日(木)・22日(土)23:00 ~ 24:00
【場 所】David Pecaut Square( 55 John St.)
【入場料】無料


Serena Ryder


トロント生まれのシンガーソングライター、セレナ・ライダーによるコンサート。今年のジュノー・アワードでオルタナティブアルバム賞を獲得したアルバム「Harmony」からのヒット曲が迫力あるパフォーマンスにより披露される。

【日 時】 6 月14 日(金)21:00 ~ 22:00
【場 所】 David Pecaut Square( 55 John St.)
【入場料】無料


Chamber Magic


NYで活動するスティーブ・コーエンによるマジックショー。間近で観賞できるよう客席は70人に限定。また、ドレスコードがあるので、セミフォーマルな装いで出掛けることが望まれる。
【日 時】6月17日(月)~ 19日(水) ※各日とも2回公演
     19:00 ~ 20:30、 21:30 ~ 23:00
【場 所】George Brown House(186 Beverley St.)
【入場料】$60、75


Feng Yi Ting


中国の現代作曲家とカナダのディレクター によるオペラは、古典的な中国の物語と近代的でダイナミックな演出が魅力。19時10分からはトークショーも行なわれる。チケット購入者はトークショーにも入場可能なので参加してみよう。

【日 時】6月20日(木)~ 22日(土)20:00 ~ 20:55
【場 所】MacMillan Theatre(80 Queen's Park)
【入場料】$25 ~ 65


Danse Lhasa Danse



2010年に37歳の若さで逝去したNY 生まれのシンガーソングライター、ラサ・デ・セラ。彼女の人生をテーマにしたパフォーマンスとなっており、音楽とダンス、映像が融合したステージで、ケベック州以外での初公演となる。

【日 時】6月19日(水)21:00 ~ 22:30
【場 所】David Pecaut Square(55 John St.)
【入場料】無料


Music Mob


作曲家ワーグナーとヴェルディの生誕200 周年を記念し、オーケストラの一員として演奏ができるイベントを開催する。楽器を持参して、それぞれの代表曲を楽団と一緒に奏でよう。

【日 時】6月22日(日)14:00 ~ 15:00
    ※演奏参加者は13:30 集合
【場 所】David Pecaut Square(55 John St.)
【入場料】無料
【入場料】無料



Other Events

Future Tastes of Toronto: At the Kids' Table

トロントで活躍するシェフの指導の元に料理を学んだ子どもたちがその成果を観客に披露する。食を学べる家族で楽しめるイベントだ。

【日 時】6月15日(土)・16日(日)12:00 ~ 19:00
【場 所】The Distillery Historic District(55 Mill St.)
【入場料】無料(飲食費は別途)


Maxi Priest キャット・スティーブンスの「Wild World」のカバーで知られるマキシ・プリースト。レゲエとポップスを調和させ、不動の地位を築いた彼がヒットナンバーで会場を盛り上げる。

【日 時】6月15日(土)21:00 ~ 22:00
【場 所】David Pecaut Square(55 John St.)
【入場料】無料


Future Tastes of Toronto: At the Kids' Table

コミュニティにより集められた古着や雑貨などを材料に、カナダで活躍するアーティスト9人がビジュアルアートを共同制作する。アート制作に私物を寄付した人は、ゲームに参加可能。

【日 時】6月14日(金)~ 22 日(土)11:00 ~ 19:00
【場 所】Brookfi eld Place (181 Bay St.)
【入場料】無料(ゲーム参加費は別途)


Information


【日 時】6 月14 日(金)~ 23 日(日)

【場 所】Toronto市内各所

【連絡先】416-368-3100
    416-368-4849(チケット購入)

【サイト】www.luminatofestival.com



チケット入手方法 開催期間中は電話のほか、各会場のボックスオフィスやDavid Pecaut Square前にあるフェスティバルボックスオフィス(55John St. 12:00 ~ 18:00 まで)でも購入することができる。