現代に継承される古代都市文化
メソポタミア文明が遺したもの
Mesopotamia Inventing Our World
(2013年7月05日記事)

100 Queen's Park, Toronto

一週間が7日で、1時間が60分と決まったのはいつ、どこで何だろう? こんな疑問を抱いたことのある人は多いだろう。七曜制や六十進法の発祥は紀元前4000〜540年に栄えたと言われる世界最古の文明メソポタミアにまで遡る。メソポタミアとはギリシャ語で「川の間」を意味し、チグリス川とユーフラテス川に挟まれた地域を指す。現在のイラクにシリアやトルコの一部を合わせた一帯だ。
当時のこの地は、肥沃な土壌と豊かな水により農作物に恵まれていた。日々の食料に心配がなくなった人々は、文字、法、政治など観念的なものを追求するようになり、楔形文字に代表される文字の発明に繋がったという。さらには貿易などの経済活動、法律の制定や富める者が社会を支配するという王制も築かれた。現在開催されているロイヤル・オンタリオ博物館(ROM)の特別展示「Mesopotamia :Inventing Our World」では、イギリスの大英博物館協力の元、170点以上の歴史的価値の高いメソポタミア文明の遺物が展示されている。そのほとんどがカナダ初公開というからこれを見逃す手はない。
展示会場は大まかにメソポタミア文明に繁栄した都市国家のシュメール、バビロニア、アッシリアの3つに分かれされ、それぞれの文明について理解を深められる構造になっている。
ここではその3大都市文明の概要を紹介しよう。歴史的背景の知識があれば、展示物の見学がもっと楽しめるはずだ。

3大古代都市文明

シュメールー 紀元前4000〜2000年 ー
メソポタミア南部発祥のシュメール人による最古の文明。楔形文字の発明とさらには、金、貝殻などを用いた精巧な工芸品発達にも貢献。

アッシリアー 紀元前1000〜600年 ー
メソポタミア北部のチグリス川沿いの地域で発展した文明。アッシリア人は好戦的な民族で、紀元前7世紀頃にはエジプトを含むオリエント全土を手中に収めた。独裁に より民衆を服従させたが、その最盛期はおよそ100年あまりであったと伝えられている。

バビロンー 紀元前600〜540年 ー
バグダットの南方約90キロメートル地点にユーフラテス川を跨いで広がる地域で発展。「目には目を、歯には歯を」で知られる最も古い法令集のひとつ、ハンムラビ法典が制定されたのはこの時代。

古代にタイムスリップ

会場は照明が抑えられ、入り口に一歩足を踏み入れると、訪れた人々を神秘的な世界へ誘う。古代文明当時、神と崇められていた王の彫刻や王室の女性たちが身に付けていた装飾品は、豪華絢爛で芸術作品のような美しさだ。
また、戦乱を描いた緻密な壁画を見ていると、当日の生活が如実に浮かび上がり、まるで古代にタイムスリップしたかのような気分になる。さらにROMでは同展示会開催期間中に、専門家を招いてディスカッションやレクチャーを行なう。古代文明についてさらに知識を深める絶好のチャンスだ。
現在、社会の基盤となっている時間の概念や法律、通貨による経済活動などはメソポタミア文明の恩恵によるもの。時には、テクノロジーに支配された忙しい日常から離れ、はるか遠い古代ロマンに思いを馳せてみてはいかがだろうか。




Striding Lion relief


今回展示されているこの壁画はネブカドネザルⅡ世下の新バビロニア王国時代に宮殿に飾られていたもの。紀元前605~562年に作られたとされている。その頃世界で一番大きく繁栄していた国の城内で、口を大きく開け相手を威嚇する猛々しいラインオンの姿は、バビロンの強さを映し出すようだ。ちなみに、このレリーフは大英博物館ではなくROM 自体が所蔵している。

Terracotta; Babylon, Southern Citadel, throne room facade of the palace of King Nebuchadnezzar II (605 - 562 BCE)
Photo © ROM 2013


Nimrud bowl with Egyptian motifs


現在のイラク北部の二ムルドで発掘されたブロンズから成る杯。外側にはハヤブサの頭を象った4体のスフィンクスが向かい合っており、頭にはアッパー・エジプト、ローワー・エジプトの2種の王冠を着けている。この杯に見られるモチーフはエジプト文明の影響を受けており、同地域で発掘された杯の多くに共通する。

Bronze; Babylon, Nimrud (Kalhu), North West Palace (900 - 700 BCE)
Photo © Th e Trustees of the British Museum


Mosaic column drum


イラク南部のテル・アル=ウバイド遺丘から発掘されたドラムで、紀元前2500年のもの。土台はヤシの木を天然アスファルトでコーティングしたものから成っており、そこに真珠、ピンク石灰石、黒瀝青頁岩を埋め込みモザイク模様に飾っている。展示品はドラムの一部で元々の全長は3.3メートルにも及び、対となってニンフルサグという女神を祭った寺院の入口に置かれていたとされる。

Shell, pink limestone, and black shale; From Tell al-'Ubaid, Ninhursag Temple (c. 2500 BC)
Photo © Th e Trustees of the British Museum


Ram in the Thicket (side view)


5千年以上前に栄えていた都市国家ウル(イラク南部)の王墓から発掘された牡山羊のモニュメント。眩い金箔とラピスラズリ、貝殻などがあしらわれており、王への忠誠、神格、王国の繁栄を象徴している。その精巧な技術から卓越したメソポタミアの職人の技がうかがえる作品。開催期間中の前半のみの展示品であるので、早めに見に行こう。

Gold, silver, lapis lazuli, copper, shell, red limestone, bitumen;Iraq, Ur (c. 2650-2550 BCE)
Photo: Courtesy of the University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology, Philadelphia, P.A.


Statue of Ashurnasirpal II


メソポタミア北部、アッシリアの王として同地を統治したアッシュールナシルパル2世の彫像。政治と軍事の統治者であると同時に、神の後継者としての力を誇っていた王。彫像に見られる逞しい髭や手にする武器はその力の大きさを物語る。王にまつわる遺物が同地域からは発掘されているが、その中でも当時の姿がそのまま残る、貴重な彫像だ。

Magnesite (statue), red limestone (base);Nimrud, Temple of Ishtar Sharrat-niphi (875 - 860 BCE)
Photo © Th e Trustees of the British Museum


Event


Explore Mesopotamia: Lions, Temples and Tablets on the Plain of Antioch:
Assyrian Imperialism on the Mesopotamian Periphy

トルコ・タイナット発掘プロジェクトを率いるティモシー・ハリソン教授による講演。タイナットでの発見とメソポタミア文明とその歴史が及ぼした影響について語る。

【日 時】 9 月12 日(木)19:00 ~ 20:00
【参加費】一般$25、会員$22、学生$18

Explore Mesopotamia: New Light on an Administrative Device from the Dawn of Writing
in the Ancient Near East

粘土製の球に駒を入れることで意思伝達をしていたこの方法は、古代文字文明の起源だと言われている。シカゴ大学のクリストファー・ウッズ教授がその真相に迫る。

【日 時】 9月26日(木)19:00 ~ 20:00
【参加費】 一般$25、会員$22、学生$18

Explore Mesopotamia: Old Excavations and New Tricks -
Rediscovering the Royal Cemetery of Ur
シュメール人都市ウルの発掘で知られるイギリスの考古学者、故チャールズ・レオナード・ウーリー氏。彼が残した偉大な発見の数々を、リチャード・L・ゼットラー教授と共に振り返る。

【日 時】 10月10日(木)19:00 ~ 20:00 【参加費】 一般$25、会員$22、学生$18


Mesopotamia: Inventing Our World


【日 時】 開催中~2014年1月5日(日)
【場 所】ROM( 100 Queen's Park)内、
    Garfi eld Weston Exhibition Hall 地下2 階 【連絡先】416-586-8000  
【サイト】www.rom.on.ca

【入場料】大人 ... 通常 $27, 金曜 $21
     シニア(65歳以上)・学生(15〜25)... 通常 $24.50, 金曜 $19
     子ども(4〜14際)... 通常 $19, 金曜 $13

※金曜日の割引価格は16:30〜20:30までの入場者に適用。
※サイトからも購入可能。その際には2ドルのサービス料が追加される。
※学生はIDが必要。*3歳以下は入場無料
※この他にもグループ割引などの割引もあり。詳しくはサイトを参照とのこと。



 
 
【場所】ROM(100 Queen's Park)内、Garfi eld Weston Exhibition Hall 地下2階