Shinsedai Cinema Festival 2012
新世代映画祭
(2012年7月6日記事)

The Revue Cinema

416-967-9797

日本映画界の未来を感じる4日間

映画界の新世代を築くクリエイターの作品を中心に、優れた邦画を一堂に集めた「新世代映画祭」の開催が今年も間近に迫っている。第4回目となる今回も、奇想天外なコメディから洞察力のあるドラマ、ドキュメンタリー、そしてちょっぴりオトナな作品まで、斬新でレアな映画が粒ぞろい。さらに、普段はめったにスクリーンで観られないショートフィルムも同時上映されるので、映画ファンならずとも、その魅力と世界観をたっぷり楽しめる4日間だ。
編集部のオススメは、初日に上映される「劇場版 神聖かまってちゃん  ロックンロールは鳴り止まないっ(Ringing in Their Ears)」。監督は、「SRサイタマノラッパー」で単館公開ながら爆発的なヒットを打ち出し、映画ファンだけでなく音楽ファンをも熱狂させた入江悠監督だ。本作は、YouTubeやインターネット生放送での動画配信で話題になった、実在の人気ロックバンド”神聖かまってちゃん“をモチーフに、人生に悩み、苦しむ人物たちと周囲の人々を描いた人間ドラマ。登場人物の心の変化と”神聖かまってちゃん“の曲がリンクするライブシーンでは、臨場感あふれる熱気と音楽のパワーに圧倒される。
そして、もう一本オススメしたいのは、この季節にピッタリの怪談。プログラム中、唯一のクラシック作品である。猫が妖怪となり、死人を操ったり、人間にたたる「化け猫」伝説は日本に多く残っている。それらをベースにして、戦前・戦後に多くの映画がつくられた。今では視聴可能な作品も少ないが、今回上映されるのは牛原虚彦監督の「怪猫謎の三味線(The Ghost Cat and the Mysterious Shamisen)」だ。「化け猫女優」として名を馳せた鈴木澄子が、嫉妬に狂い、恋敵を殺す女役者を演じている。まるで猫にとりつかれたような表情に加え、当時では斬新な特殊効果や演出が恐怖感を増幅させる。暑い夜に背筋をゾッと冷やしてみるのも夏の一興。さらに、会場内のギャラリーには化け猫が描かれた絵画やポスター、化け猫映画のスチール写真が展示されているので、あわせて楽しもう。
期間中、各作品の上映は一回のみ。貴重な機会を逃さないためにも、今すぐ上映ラインナップをチェック!誌上では紹介していない優秀作品もあるので、映画祭ホームページは必見だ。日本や世界の映画界を大きく変えるであろう未来の巨匠たちがそろう新世代映画祭。これは行かない手はない!

Ringing in Their Ears邦題:劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ

Einstein on the Beach
「神聖かまってちゃん」のライブまであと1週間—。プロ棋士を目指す女子高生、バツイチ寸前の子持ちのポールダンサー、レーベルとバンドの板ばさみに喘ぐマネージャー。別々の場所でそれぞれに悩み、苦しむ彼らの運命は、“神聖かまってちゃん”の曲に触発され、一気に走り出す。
  • 監督:入江悠/2011年公開・89分
  • 出演:二階堂ふみ、森下くるみ、神聖かまってちゃん、劔樹人 ほか
  • 【日時】7月12日(木)19:00


※同時上映/Back  監督:柴田剛/2011年公開・5分

The Ghost Cat and the Mysterious Shamisen邦題:怪猫謎の三味線

Einstein on the Beach
三味線弾きの清二郎が飼っている黒猫が迷子になった。武家の娘のお喜世がその黒猫を助けたことから2人は親しい仲になるが、嫉妬に燃えた清二郎の許婚・三津枝は、黒猫とお喜世を殺してしまう。その後、三津枝は大久保相模守に見初められて側室となるが、お喜世の遺品の三味線からただならぬ妖気が…。
  • 監督:牛原虚彦/1938年公開・74分
  • 出演:鈴木澄子、高山広子、森光子、歌川絹枝 ほか
  • 【日時】7月13日(金)19:00


※同時上映/Kiyakiya  監督:近藤聡乃/2010~2011年公開・7分

End of the Night邦題:夜が終わる場所

Einstein on the Beach
自分の両親を殺した男・為五郎に育てられたアキラ。20年後には、為五郎が率いる殺し屋グループのトップとしてどんな仕事でもこなす日々を送っていた。そんなある日、10年前に殺したはずの風俗嬢ユキネに出会い、アキラは殺し屋から足を洗おうと決意するのだが・・・。
  • 監督:宮崎大祐/2011年公開・79分
  • 出演:中村邦晃、小深山菜美、塩野谷正幸、柴垣光希 ほか
  • 【日時】7月14日(土)19:00


※同時上映/Who Opens the Door? 邦題:トビラを開くのは誰? 監督:伊月肇/2011年公開・15分

End of the Night邦題:ヒロシマ・ナガサキダウンロード

Einstein on the Beach
2009年、春。2人の青年がアメリカ西海岸を南下しながらヒロシマ、ナガサキの痕跡をたどる旅に出た。残された世代は、被爆者から何を受け継いでいくべきなのか―。1945年に広島・長崎で被爆し、その後、アメリカに移り住んだ日本人の魂に迫るロードムービー。
  • 監督:竹田信平/2010年公開・73分
  • プロデューサー:若松英治、竹田信平
  • 【日時】7月15日(日)13:30


※同時上映/On This Side 邦題:此の岸のこと  監督:外山文治/2010年公開・30分

Zero Man vs. The Half Virgin邦題:半分処女とゼロ男

Einstein on the Beach
記憶喪失になった警察官の桜木健一郎は、股間をモゾモゾすると人間の額に数字が見えるようになる。彼はその数字がセックスの経験人数だと確信。最近気になる陽子には、0.5という中途半端な数字が浮かんでいる。ある日、念願かなって陽子と一夜を共にしたが…。
  • 監督:佐藤佐吉/2011年公開・105分
  • 出演:板倉チヒロ、しじみ、山本浩司、星野美穂 ほか
  • 【日時】7月13日(金)21:00


※同時上映/Dark on Dark 邦題:シティボーイズのFilm Noir  監督:大竹まこと/2010年公開・17分

Tentsuki邦題:天使突抜六丁目

Einstein on the Beach
勤めていた工場の倒産でヤクザに追われる身となった昇は、無我夢中で逃げ回るうち見知らぬ街「天使突抜六丁目」に迷い込み、そこで暮らすことになる。ある日、自分の背中から羽が生えて、街から飛び立つことを夢見ているみゆきと出会い、次第にその奔放な魅力に惹かれていく。
  • 監督:山田雅史/2011年公開・96分
  • 出演:真鍋拓、瀬戸夏実、服部竜三郎、柄本明 ほか
  • 【日時】7月15日(日)20:00


※同時上映/The Feet 邦題:妹の足 監督:山岡大祐/2011年公開・7分

The Naked Summer邦題:裸の夏

Einstein on the Beach
麿赤兒率いる舞踏集団『大駱駝艦』伝統の夏合宿。そこには、大学生や外国人、フリーターなど経歴も国籍も様々な若者たちが集まってくる。長野県白馬村の大自然の中で、出会いから最終日に行われる舞台公演までを追い、若者たちが成長していく姿を収めたドキュメンタリー。
  • 監督:岡部憲治/2007年公開・110分
  • 出演:麿赤兒、舞踏集団「大駱駝艦」
  • 【日時】7月14日(土)13:30


※同時上映/Tsuki-Yomi  邦題:つき・よみ 監督:TEAM GATERA/2005年公開・13分

The Naked Summer邦題:やくたたず

Einstein on the Beach
12月の札幌。高校卒業を間近に控えたテツオたち3人は、地元の先輩・伊丹の仕事を手伝い、セキュリティ会社でバイトを始める。何とか役に立とうとする彼らだったが、任される仕事は、荷物運びや道路に積もった雪よけなど雑用ばかりだった。
  • 監督:三宅唱/2010年公開・76分
  • 出演:柴田貴哉、玉井英棋、山段智昭、足立智充 ほか
  • 【日時】7月15日(日)16:00


※同時上映/Socrates Excelsa 邦題:ソクラテス・エクセルサ 監督:和田浩之/2011年公開・14分

Other Must-See Movies


Beyond Anime:
The Outer Limits

にょきにょきと伸びる女の子の空想を描いた「Fantasy Girl(空想少女)」(監督:野山映/6分)や、人間社会の縮図のような「Future Man(蟻人間物語)」(監督:平野遼/7分)、415冊の書籍からスキャンした画像素材をコラージュした「TA-TA TOSY TiT」(監督:白玖欣宏・平岡佐知子/5分)など、短編アニメ16本を同時上映。
2002~2011年公開・90分 
【日時】7月15日(日)18:00


Enter the Cosmos:
Takashi Makino Special

光の揺らめきや、変化し続ける粒子。作品が上映されている間のみ体感できる超次元的な視覚や意識感覚は、映像クリエイター牧野貴が生み出す音楽と映像のパフォーマンス。「Intimate Stars」「Elements of Nothing」「in your star」の3本を上映。
監督:牧野貴/2004~2011公開・80分 
音楽:Jim O'Rourke、Machinefabriek、牧野貴
【日時】7月12日(木)21:30


From the Great White North:
Yubari Fanta Special

1990年に北海道夕張市で誕生し、日本国内でも有数の映画祭である「ゆうばり国際ファンスティック映画祭」から、「Hole and Pole(アナボウ)」(監督:常本琢招/20分)、「The Student Wrestler(ガクセイプロレスラー)」(監督:今成夢人/22分)、「Mrs. Akko and Her Husband (ぱんいち夫婦)」(監督:寺内康太郎/35分)の3本を上映。
2010年公開・77分 
【日時】7月14日(土)16:30




【日 時】
7月12日(木)〜15日(日)
【場 所】
The Revue Cinema (400 Roncesvalles Ave.)
【入場料】
シングル$12、5本パス $50、デラックスパス$108
※学生・シニア割引、早期購入割引(7月6日まで)あり
【チケット】
●Eyesore Cinema(801 Queen St. W)tel: 416-955-1599
●Things Japanese(128 Harbord St.)tel: 416-967-9797
【サイト】
shinsedai.ca