子どもに見せたい作品が大集合!
TIFF Kids International Film Festival
(2015年3月20日記事)
毎年子どもたちが楽しみにしている映画祭「TIFF Kids International Film Festival」が4月7日(火)から19日(日)まで開催される。35か国から集められた100本以上に及ぶ作品のラインナップは、エンターテインメント性だけでなく、今日の子どもたちを取り巻く複雑な社会問題を通して他人を思いやる気持ちや自己の確立、また、道徳的な意識を養う情操教育の面から選ばれた作品も多く、大人が見ても感動できる優れた作品ばかりだ。

気になる日本絡みの作品でおすすめは2本。1本目は、スタジオ・ジブリ制作のアニメーション『When Marnie Was There(思い出のマーニー)』。心を閉ざした杏奈と不思議な少女マーニーとのひと夏の思い出を描いた感動の物語だ。昨年春に日本で公開された話題作なので、この機会にぜひ劇場で鑑賞したい。そして2本目は、テーマに沿った短編作品をまとめて紹介するプログラムにて、自己を肯定して困難に立ち向かう子どもの姿を描いた作品を集めた「Hear Me」のカテゴリーで上映される『Born With It(生まれつき)』。茨城県で昨年行なわれた国際短編映画祭「いばらきショートフィルム」で大賞を受賞したこの作品は、日本に滞在経験のあるアメリカ人の監督が日本人と黒人とのハーフの子ども達と出会い、彼らの話を元に制作した作品 。ハーフが日本社会で感じる葛藤を映している。

また、 学習機能のあるゲームなどが並び、保護者と子どもがデジタルなアトラクションを一緒に楽しめるスペース「digiPlaySpace」も上映時間と合わせて、スケジュールに組込もう。創造性を刺激するアクティビティは子どもが大喜びすること間違いなし。

さらに同映画祭は、映画監督らとの触れ合いの機会を提供し、映画自体の魅力を多くの人と共有することも目的の1つとしている。子ども向けの映画作りのアイディアや、話の流れをつくるテクニックなどについて興味深い話を聞くことが出来るイベントは4月8日(水)から10日(金)まで開催。興味のある人はぜひ参加しよう。

子どもの頃に見た映画の記憶は強く残っているもの。秀作揃いのこの映画祭に親子で出掛けよう。

When Marnie Was There
(邦題:思い出のマーニー)対象年齢 10歳以上

制作国/日本 上映時間/103分 監督/米林宏昌




イギリスの児童文学を元にしたスタジオ・ジブリ製作のアニメーション。海辺の老夫婦に預けられた杏奈は、毎日ひとりぼっちで過ごしていたが、金髪の少女、マーニーと出会ってから次々に不思議なことが起こる。しかし、それは2人だけの秘密だった。

■上映日時:4月18日(土)17:00、4月19日(日)15:30


Born With It(邦題:生まれつき)対象年齢 12歳以上

制作国/日本 上映時間/16分 監督/エマニュエル・オセー・クフォーJr.




東京から母親の故郷である小さな田舎町に引っ越してきた黒人と日本人のハーフの少年ケイスケ。クラスメイトたちから肌が黒いことを指摘され、病気ではないかと疑われたケイスケだったが、自分のアイデンティティを受け入れ、前向きに立ち向かっていく。

■上映日時:4月9日(木)12:45、4月11日(土)15:45、4月13日(月)10:00、4月15日(水)12:30

The Outlaw League対象年齢 10歳以上

制作国/カナダ 上映時間/90分 監督/ジーン・ボードリィ



海の事故で父親を亡くした悲しみを埋めようと、野球の練習に励む少年ニコラス。野球場が新たなゴミ捨て場になると知り、祖父に援助を求める。しかし、母親から父親の事故死の原因だと非難される祖父は酒に溺れるようになっていた。

■上映日時:4月8日(水)10:00、4月14日(火)10:15、4月17日(金)12:30

Shaun the Sheep : The Movie対象年齢 4歳以上

制作国/イギリス、フランス 上映時間/85分 監督/リチャード・スターザック、マーク・バートン



牧場でいたずらばかりしている羊のリーダー、ショーンとその仲間たち。いつも彼らに振り回されてばかりの牧羊犬のビッツァーは、牧場主に見つかる前にいたずらをやめさせようと駆け回る。イギリス流のジョークが利いたドタバタコメディ。

■上映日時:4月10日(金)19:00、4月11日(土)12:30

Mr. Twister on Stage対象年齢 9歳以上

制作国/オランダ 上映時間/72分 監督/バーバラ・ブレデロ


高校進学を控えた6Bクラスは、老人ホームで劇を披露することになったもののやる気がない。見習い教師のツイスターは脚本に生徒によるオリジナルのストーリーを盛り込むことを提案。校長の反対をよそに生徒はどんどん劇作りにのめり込んでいく。

■上映日時:4月9日(木)10:15、4月16日(木)10:00

Maya the Bee Movie対象年齢 3歳以上

制作国/オーストラリア、ドイツ 上映時間/79分 監督/アレックス・スタデーマン


日本のテレビアニメでもお馴染みの「みつばちマーヤの冒険」。規則に縛られる生活に嫌気をさした働きばちのマーヤは、自由を夢見て、親友ウィリーと巣を抜け出した。自然の中で起こる騒動を通して成長する姿を描く3Dアニメーション。

■上映日時:4月12日(日)15:15、4月16日(木)10:30、4月18日(土)10:00、4月19日(日)12:45

Pappu's Path対象年齢 8歳以上

制作国/インド 上映時間/90分 監督/シーマ・デサイ


インド北部の田舎町から英語学習の名門校へ転校してきた少年パップ。新しい環境に戸惑う彼に対し、クラスメイトは、彼の家、友達、父親の仕事など、さまざまな理由を見つけてはからかう。落ち込むパップが状況を変えるために気づいたこととは…。

■上映日時:4月7日(火)12:15、4月14日(火)10:00


Information


【日 時】4月7日(火)〜19日(日)
【場 所】TIFF Bell Lightbox (350 King St. W.)
【入場料】子ども$9、大人$13、学生・シニア$10.50
               ※オープニング、クロージング、プレミア上映は一律$25
               digiPlaySpace $10
               ※TIFF会員は無料、映画とのセット料金あり
【連絡先】416-599-8433、1-888-599-8433
【サイト】tiff.net

※上映日時は予告なく変更されることがあります。お出かけ前に上記サイトでご確認ください。


Photos: Courtesy of TIFF