JCCCにて話題の日本映画が集結する2週間が始まる!
Toronto Japanese Film Festival
(2011年5月4日記事)

日系文化会館(6 Garamond Court)

416-441-2345

Toronto Japanese Film Festival

JCCCにて話題の日本映画が集結する2週間が始まる!時代劇から現代ドラマ、コメディ、アニメ、ドキュメンタリーなど、日本の映画祭で各賞を受賞した傑作や話題の作品を一挙公開!さて、どの作品を見に行く?

八日目の蝉 (2011)上映日時:6月7日(木)19:00

八日目の蝉
不倫相手の子を身ごもった希和子は中絶を求められ、母になれない絶望の中、男と妻の間に生まれた赤ん坊を誘拐する。その誘拐犯に4 歳まで愛情一杯に育てられた恵理菜。実の両親の元へ戻っても心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜はある日、自分が妊娠していることに気づく。相手は、家庭を持つ男だった。そして、過去と向き合うため、希和子との逃亡生活をたどる旅に出る。最終地・小豆島で恵理菜が見つけた事実とは…。
  • 監督:成島出
  • 上映時間:147分
  • 出演:井上真央、永作博美、
    小池栄子 ほか


一命(2011)上映日時:6月9日(土)19:00

一命
江戸時代初頭、幕府による大名の御家取り潰しが相次いだ。ちまたでは職を失った侍が大名屋敷に押しかけて庭先で切腹を願い出て、面倒を避けたい大名から金銭を巻き上げる狂言切腹が流行。ある日、名門・井伊家にも侍が現れ切腹を願い出る。家老・斎藤勘解由は、数か月前に現れた若浪人の惨めにして無用な最期を語り始める。
  • 監督:三池崇史
  • 上映時間:126分
  • 出演:市川海老蔵、瑛太、
    満島ひかり ほか


一枚のハガキ(2011)上映日時:6月14日(木)19:00

一枚のハガキ
太平洋戦争末期、32歳で召集された啓太は、戦友の定造に妻から送られてきたという一枚のハガキを託される。戦争が終わり、わずかな生き残り兵となって故郷に戻った啓太は、ハガキを手に定造の妻の元を訪ねる。撮影当時98歳の日本映画界現役最高齢の新藤監督が、自身の過酷な戦争体験を元に描いた人間ドラマ。
  • 監督:新藤兼人
  • 上映時間:114分
  • 出演:豊川悦司、大竹しのぶ、
    六平直政 ほか


わが母の記(2011)上映日時:6月15日(金)19:00

わが母の記
兄弟のうち1人だけ両親と離れて育てられ、親から捨てられたのだという想いを引きずってきた洪作。父の死後、洪作の妹たちと暮らしていた母を引き取ることになるのだが、母は次第に物忘れがひどくなっていく。そしてある日、洪作は初めて母に幼い頃からの想いをぶつける…。10年間にわたる親子と家族の愛の描いた物語。
  • 監督:原田眞人
  • 上映時間:118分
  • 出演:役所広司、樹木希林、
    宮崎あおい ほか


恋の罪 (2011)上映日時:6月8日(金)22:00

恋の罪
土砂降りの雨が降る夜、ラブホテル街の木造アパートで無残に殺された女の死体が発見された。幸せな家庭を持ちながらも不倫関係を続けている女刑事・和子は、捜査を進めるうち、大学のエリート助教授・美津子と人気作家の妻・いずみの秘密に近づいていく…。3人の女たちの壮絶な運命が交錯する禁断の世界。
  • 監督:園子温
  • 上映時間:144分
  • 出演:水野美紀、冨樫真、
    神楽坂恵 ほか


カラフル(2010)上映日時:6月8日(金)22:00

カラフル
大きな罪を犯して死んだ「ぼく」は、天使から生まれ変わるチャンスをもらった。しかし、自分の犯した罪を思い出すため、自殺した14歳の少年・小林真の体に乗り移り、彼の人生を歩むことになる。家庭は崩壊寸前、友だちは無く、成績も最低だった真。そんな真らしくなく振る舞う「ぼく」のまわりで、様々なことが少しずつ動き出す。
  • 監督:原恵一
  • 上映時間:127分
  • 出演:冨澤風斗、宮﨑あおい、
    南明奈 ほか


モテキ(2011)上映日時:6月8日(金)19:00

モテキ
31歳のさえない草食系男子・幸世。派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライターとして新たな生活を歩み出そうとしているが、プライベートは一向に充実しないまま。そんな幸世に、突然異性にモテまくる「モテ期」が訪れる。4人の美女に翻弄されながらも、幸世は本当の恋にたどりつくことができるのか̶。
  • 監督:大根仁
  • 上映時間:118分
  • 出演:森山未來、長澤まさみ、
    麻生久美子 ほか


レオニー (2010)上映日時:6月10日(日)19:00

レオニー
1901年、NY で編集者を目指していたレオニーは、日本から来た詩人のヨネ・ノグチと出逢い、恋に落ちる。レオニーは身ごもるが、戦争が始まったことを理由にヨネは帰国。未婚のまま出産したレオニーだが、ヨネからの熱心な誘いを受け、日本へ渡る。世界的な彫刻芸術家であるイサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの波乱の生涯。
  • 監督:松井久子
  • 上映時間:132分
  • 出演:エミリー・モーティマー、
    中村獅童 ほか


エンディングノート (2011)上映日時:6月13日(水)19:00

エンディングノート
「段取り命」の熱血営業マンとして人生を送ってきた砂田知昭。67歳で会社を引退し、第二の人生を歩み始めた矢先に、ガンが発見される。末期と告知された砂田は、自らの死の段取りを人生最後の一大プロジェクトとして捉え、まずは死ぬまでにしたいことのリスト作りに取りかかる。監督自身の父の最期を収めたドキュメンタリー。
  • 監督:砂田麻美
  • 上映時間:89分
  • 製作:是枝裕和
  • 音楽:ハナレグミ


忍たま乱太郎(2011)上映日時:6月10日(日)14:00

エンディングノート
エリート忍者を目指し、忍術学園に入学した「忍たま」こと忍者のたまごの乱太郎。同じ組のしんべヱやきり丸と楽しく過ごしていたが、成績はイマイチで補習と追試ばかりの日々。ある日、4年は組の斉藤タカ丸の家に暗殺者が現れ、乱太郎たちは友だちを救うために立ち上がる。長年人気を集めるTV アニメを完全実写化。
  • 監督:三池崇史
  • 上映時間:100分
  • 出演:加藤清史郎、竹中直人、
    寺島進 ほか


迫力溢れる和太鼓ステージと解説で日本文化をもっと楽しもう!

6月9日(土)19時、三池崇史監督の『一命』上映時には、和太鼓グループ永田社中が情熱的なステージを披露する。また、自殺学の権威・布施豊正教授が、日本独特の習俗であった「切腹」の意義を解説。さらに、お酒や日本のビールも楽しめ、日本文化をもっと楽しみたい方にぴったりの一夜だ!

『レオニー』松井久子監督、来場決定!

『ユキエ』『折り梅』に続き、松井監督の第3作目となる『レオニー』。世界的彫刻家イサム・ノグチの伝記を読んだ松井監督が、その母親の生涯に感銘を受け、7年の歳月をかけて製作。14稿に及ぶシナリオ作成や日米での撮影秘話、作品に込められたメッセージを監督自身から聴ける絶好のチャンス。来場日時はサイトをチェック!



Information

Toronto Japanese Film Festival
【日 時】6月7日(木)~ 21日(木)
【場 所】日系文化会館(6 Garamond Court)
【チケット】1枚…$10、3枚…$27、10枚… $85
【連絡先】416-441-2345 内線)222
【サイト】 torontojff.com
【アクセス】地下鉄Eglinyon駅またはBroadview駅からバス#100