今年もやってきた!おまちかねのトロント国際映画祭
Toronto International Film Festival 2011
トロント国際映画祭(2011年09月2日記事)

Toronto

ベルリン、カンヌの国際映画祭に次ぐ規模で北米最大の国際映画祭として有名なトロント国際映画祭。今回は市内10か所のホールや映画館で展開され、期間中は観賞にボランティアにと、町中に人が溢れる。一般客の投票で決まる同映画祭の最高賞であるピープルズ・チョイス・アウォード(観客賞)は、近年では『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『プレシャス』(09)、『英国王のスピーチ』(10)など、そのままアカデミー賞に直結する例も多く、世界の注目を集める映画祭のゆえんとなっている。
今年はフランシス・フォード・コッポラやリュック・ベッソンなどの有名監督に加え、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ユアン・マクレガー、キーラ・ナイトレイやキルスティン・ダンストら錚々たる俳優陣が来場する予定であることが発表されている。U2やニール・ヤングなどの豪華アーティストもそのリストに名を連ね、レッドカーペットでは華やかなスターを間近で見られるチャンスに恵まれそう。もちろん上映後に監督、俳優陣とファンとの交流の場が設けられるのも楽しみの1つ。現場の生の声を聞けば、ますます映画が好きになりそう。 今年の出品本数はショートムービーも含めて約340本と、昨年より40本近く盛り返した形になった。映画のパワーで世界を元気にしたいと思うのは誰しも同じのよう。これだけあればどれを見ようか選ぶのもひと苦労。大物監督の作品、玄人好みの俳優が出演している作品など基準はさまざまだが、アーティストや俳優が監督した作品を中心にチェックしてみるのもアリ。監督業以外での知名度のせいか評価が分かれることもあるが、今年はとにかく単純に「見てみたい」と思わせる作品が並んでいる。

マドンナが2作目となる監督を務めた『W.E.』は、『英国王のスピーチ』のジョージ6世の兄であるエドワード8世が、不倫関係にあったアメリカ人女性と結婚するために退位した、いわゆる「王冠を賭けた恋」を描いたもの。撮影に時間をかけすぎて出演者から苦情が出たとの報道もあり、どんな作品に仕上がったのか興味深い。また、映画『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズの初監督作品でシェイクスピアの悲劇をもとにした『Coriolanus』も出品されている。ジョージ・クルーニーは自らも出演する監督作品として米大統領選挙の裏で繰り広げられる駆け引きがスリル満載の『The Ides of March』を出品し、家族の絆と人生を改めて考える人間ドラマ『The Descendants』に主演している。また、『Take This Waltz』と、ガンを患う青年を描いた『50/50』の2作品に出演したカナダ出身の俳優セス・ローゲン。ガンというシリアスな問題にコメディを融合させる、彼の演技力とユーモアは健在だ。
日本からは『Cut』『スマグラーおまえの未来を運べ』『ヒミズ』『奇跡』『Space is the Place』(短編)のほかに瑛太や窪塚洋介が出演した豊田利晃監督の『Monsters Club』、アーティストのCocco 初主演となる塚本晋也監督の『Kotoko』、瀬戸内の小島で不思議な生き物との出会いを通して家族の縁を描いた長編アニメ映画『ももへの手紙』の9作品が出品される。「自分と向き合う」ということがテーマになっているものが多く、不況という現実の中で「自分自身」というものを考え直さざるを得ない、昨今の日本社会の実情を浮き彫りにするかのようだ。

11日間にわたり、午前中から深夜まで惜しげもなく上映されるよりどりみどりの映画たち。だれもが浮足立っているこの期間だから、少しでも時間があればぜひ足を運んでみたい。きっと気に入る作品に出会えるはず。


【Cut】

tiffi

イラン出身のアミール・ナデリ監督最新作。売れない映画監督の秀二は、兄から金を借りて映画を撮っていたが、兄は自分のためにヤクザから借金をしていた。借金返済のため、秀二は「殴られ屋」を始める。主役を演じる西島秀俊のために監督が書いたというストーリーは、一人の男を通して日常のささやかな幸せの大切さを描いている。臨場感たっぷりの殴られぶりも見事。
【日時/場所】
11日(日)22時15分 AMC6、13日(火)17時 AMC1
15日(木)18時15分 TIFF Bell Lightbox 2



話題の作品

1. Take This Waltz

tiff

マーゴットは夫と幸せな結婚生活を送っていた。出張でダニエルに出会うまでは。ダニエルに惹かれる自分を抑えようとするマーゴットだが、彼が近所に住んでいると知り、想いは加速する。サラ・ポーリー監督が地元トロントでロケを行ない、穏やかな生活の中で2つの愛に揺れる女性を描いたビタースイートな物語。

【日時/場所】
10日(土)21:30 Roy Thomson Hall
11日(日)12:00 Ryerson Theatre


2. The Cat Vanishes

tiff

同僚に暴行し精神病院に入院していた夫。ベアトリスは彼の退院後も、本当に治ったのか不安がぬぐえない。だっておかしい。無愛想で偏屈な彼が突然、優しくて協力的になるなんて―。不安をあおるかのように、夫に牙をむける飼い猫。その猫が姿を消し、夫の行動はますます不審に。次はもしかして私? サスペンスを堪能して。

【日時/場所】
0日(土)19:30・18日(日)21:30 Scotiabank Theatre 3
11日(日)12:00 AMC 4


3. Countdown (邦題:カウントダウン )

tiff

無慈悲な取り立て屋のゴンホ。今回彼が取り立てるのは、自分の肝臓がんのための移植用肝臓だ。適合する肝臓を持つのは美貌の詐欺師ハヨンだった。カンヌ国際映画祭で『シークレット・サンシャイン』(07)で主演女優賞を受賞し、『ハウスメイド』(10)に主演したチョン・ドヨン演じるハヨンの七変化と激しいアクションが楽しい一作。

【日時/場所】
13日(火)21:00 Visa Screening Room (Elgin Theatre)
14日(水)16:45 Isabel Bader Theatre
18日(日)15:00 TIFF Bell Lightbox 1


4. Melancholia (邦題:メランコリア )

tiff

惑星メランコリアが地球に衝突しようとする中、結婚式を挙げるカップル。だが地球崩壊におびえる新婦はうつ状態におちいって…。詩的要素がちりばめられた、苦しささえ感じるような美しい映像は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)で最高賞を受賞したラース・フォン・トリアー監督によるもの。天真爛漫な愛らしさの裏に絶望を隠した新婦をキルスティン・ダンストが好演している。

【日時/場所】
10日(土)18:00・17日(土)14:45 Ryerson Theatre


5. Salmon Fishing in the Yemen

tiff

面目な魚類学者ジョーンズ博士のもとに、イエメンの富豪から、自国の川にサーモンフィッシングを導入したいという依頼が舞い込んだ。なし崩し的に無理難題なこのプロジェクトに巻き込まれてしまった博士を待ち受ける運命は?
【日時/場所】
10日(土)19:00 Princess Of Wales Theatre
11日(日)11:00 Visa Screening Room (Elgin Theatre)

 

 

Information

Toronto International Film Festival 2011

【日 時】9月8日(木)~18日(日)
【場 所】トロント市内 各参加劇場*会場の詳細についてはサイト参照
【入場料】 〈プレミアム上映〉一般$38.27、シニア$29.87、
25歳以下$25.00、12歳以下$23.01
     〈普通上映〉一般$19.69 、シニア$17.03、
25歳以下$15.04、12歳以下$12.83
【連絡先】 416-599-8433、1-888-599-8433
【サイト】 tiff.net

チケットの入手方法

シングルチケットは9月3日(土)より販売開始。公式サイト・電話・映画祭ボックスオフィスにて購入可能(サイト・電話での購入はVISA カード保有者のみ)。全ての購入/予約チケットは、映画祭ボックスオフィスまたは予約した映画の上映劇場内窓口にて受け取る。混み合うので、早めのピックアップがお勧め。学生・シニア用の割引を受けたい場合はボックスオフィスで購入のこと(ID または学生証の提示要)。

チケット入手裏ワザ

前売り券が売り切れていても、追加チケットが上映当日の午前7 時から販売される可能性がある。公式サイトや映画祭ボックスオフィス、劇場内窓口でチェックしてみよう。また、追加チケットも含めてすべて売り切れの場合でも、当日、上映劇場の外に設けられたRush Lineに並べば残席数に応じて上映15分前から先着順に入れてくれる。 TIFFでは昨年からメンバー制を導入しており、寄付をすると割引やエキシビションの無料招待など各種特典が受けられる。なお、たくさん映画を観たい! という人にはチケットパックがおすすめ。5枚、20枚などさまざまなパックがあり、それぞれ値引きや特典が異なる。詳しくは公式サイトをチェック!

映画祭ボックスオフィス

【場 所】Metro Centre(225 King St. W.)
【日 時】7:00~19:00

 
 
【場所】トロント市内各参加劇場 *会場の詳細についてはサイト参照
【日時】9月8日(木)~18日(日)