アトランティック・カナダ最大級の白銀リゾートで初滑り
Corner Brook and Marble Mountain, Newfoundland and Labrador
(2018年1月12日記事)

Canada

©Newfoundland and Labrador tourism

 

コーナーブルックはニューファンドランド島西部の湾岸都市。19世紀半ばの居住者は漁民や材木商など合わせて100人足らずだったのが、1925年に世界最大級の製紙工場が建てられたのを機にパルプや製紙産業で栄え始め、今では州都セント・ジョンズに次ぐニューファンドランドの主要都市だ。この辺りはカナダの中でもとりわけ積雪量が多く、ハンバー川の河口に臨む起伏に富んだ地形は、冬になると雪に覆われて雪国と呼ぶにふさわしい白銀の世界が広がる。そこに待ってましたと集まるのが、シーズンスタートを待ち焦がれたウインタースポーツ愛好者たち。彼らの目指す先は、ダウンタウンから車で15分のマーブルマウンテンだ。ここはスキーやスノーボードはもちろん、スノーモービルやスリル満点のジップライニングまで多様なウィンタースポーツを楽しめる、カナダ大西洋州で最大規模のウィンターリゾート施設。同じくゲレンデの標高差も最大で、年間降雪量は平均約5メートルと抜きん出た雪深さ。凍てつくカナダで冬を過ごすなら、思いきりスケール大きく雪と戯れてみてはいかがだろう。
アパラチア山脈の麓に広がるマーブルマウンテンの歴史は第二次世界大戦前にはじまる。1930年代に結成されたコーナーブルック・スキークラブのメンバー達がゲレンデを整え、丘の上に山小屋を建て、北欧出身のスキーヤー達の指導を受けてスキージャンプ用のスロープを作ったのが原点だ。順調に栄えたスキー場は戦中戦後に低迷期を過ごしたが、1960年代から再開発がはじまって以降は再び活気を取り戻し、今では夏場も大自然のトレイルを楽しめる主要観光地として、州をあげて力を注がれている。3歳からの子供スキークラスやデイケアサービスなど、ファミリー客のニーズにかなうのもポイントが高い。

©Newfoundland and Labrador tourism
©Newfoundland and Labrador tourism



北国の冬に心温まるウィンターカーニバル

ゲレンデの地図にはいくつものコースがわかりやすく書いてあるので、自分に合ったレベルをチョイスしよう。4つのリフトは長短かなりの差があり、山頂に向かうロングコースの途中で辺りを見渡せば、眼下に白く雪をかぶった山や谷の向こうにベイ・オブ・アイランズ湾がパノラミックに広がって、息を呑む大迫力。肌に直接冷気を受けているせいか、上空を浮遊しているせいか、いつもより敏感に研ぎ澄まされた五感が大自然を感じとるのがわかるだろう。
そして気になるのがジップライン。ジップラインとは古くから山間部の交通手段だったロープ移動から生まれたアトラクションで、スタート地点からゴール地点までの木々の間に張られたワイヤーロープをプーリー(滑車)を使って滑り降りる。疾走感あふれるジップラインに挑戦するなら、マーブルジップツアーズに申し込もう。 90メートル近い高さからワイルドなステディ・ブルックの滝の上や樹木の間を時速30キロメートルのスピードで駆け抜けるのは、見ている方さえドキドキハラハラ。これが楽しめるようになれば、ターザン生活だってできそうなのだ。
ところでマーブルマウンテンに来たなら、ニューファンドランド・アンド・ラブラドール州のシンボルであるヘリテージ・ツリーをひと目見ておきたい。1999年に州のカナダ加入50周年を記念して植えられたこのヒマラヤ杉は、トランス・カナダ・ハイウェイとブルーマウンテンリゾートの間に佇んでいる。はるばるブリティッシュ・コロンビア州からカナダを横断してやって来た17mの巨木はなんと樹齢360歳。 その全身の50か所以上がネイティブカナディアン・スタイルのデザイン、バイキングの勇姿、ニューファンドランド島を発見したジョン・カボット、バイオリニストのエミール・ブノワ、クジラやイカ釣り等など、ニューファンドランド・アンド・ラブラドール州の今昔を物語るアイコン達の彫刻で埋め尽くされている。地元の木彫作家達が魂を込めて彫ったヘリテージ・ツリーは、地霊が宿っているかのような神秘的な雰囲気。トーテムポールは太平洋沿岸の文化だが、その堂々たる姿はまさに「大西洋のトーテムポール」だ。

マーブルマウンテンは、トロントから直行便が飛ぶディアレイク空港からも車で45分。終日ウインタースポーツ三昧ならゲレンデ目の前に建つキッチン付きコンドのマーブルヴィラに、雪山とシティライフの両方を満喫するならコーナーブルックのシティホテルに、田舎暮らし気分を味わうなら近隣のシャレーにと、滞在スタイルを選べるのもまた魅力的。いずれにしても雪に覆われたニューファンドランドの勇姿を確かめに行くには、これから4月までがシーズンだ。
それからこの時期のゲレンデ外でのお楽しみは、2月末の10日間にコーナーブルックで開催されるウィンターカーニバル。花火大会とパレードを皮切りに毎年ライブコンサートやバイキング劇やアイスホッケーの試合などが開催され、地元の人達もリゾート客も一緒に盛り上がれる。人懐っこいフレンドリーさで知られるニューファンドランドの人達だから、こちらも臆せず参加してみよう。笑顔を交わしてフィッシュケーキを頬ばれば、ぐっとローカル気分になれるはず。皆が待ちわびる冬の祭典、今年の開催は2月16日~25日だ。



©Newfoundland and Labrador tourism
©Newfoundland and Labrador tourism
©Newfoundland and Labrador tourism
©Newfoundland and Labrador tourism


Info
ニューファンドランド・アンド・ラブラドール州観光局HP(英語)
newfoundlandlabrador.com

マーブルマウンテンHP(英語)
www.skimarble.com

マーブルジップ・ツアーズHP(英語)
www.marbleziptours.com

コーナーブルック・ウィンターカーニバル(英語)
cornerbrookwintercarnival.squarespace.com

 

Corner Brook and Marble Mountain, Newfoundland and Labrador