丘陵と湖に恵まれた穏やかなリゾート
Eastern Townships
(2016年9月16日記事)

Quebec


©Paul Laramee

丘陵と湖に恵まれた穏やかなリゾート

ケベック州にあるリゾートエリアの1つで、モントリオールの東側に広がるイースタン・タウンシップスは、セントローレンス川とアメリカ合衆国の国境に挟まれたエリア。緑豊かなアパラチア山脈の山々と深い青色の湖が作る風光明媚な景観が、落ち着いた美しさを漂わせる。この地は、18世紀にアメリカで独立運動が起こったとき、英国王室に忠誠を誓った王党派と呼ばれる人々が、その時代の流れについてゆけずに移り住んだ場所。彼らがタウンシップスの集落に残した英国文化と、ケベックのフランス文化が混ざり合い、他の場所にはない独特の雰囲気を持つようになった。洗練されたプチホテルや、フレンチカナディアンによる食材にこだわったレストランなどが多く、またアメリカとの国境に面していることから、カナダ人だけでなくアメリカ人の別荘も数多い。メープルシロップの世界有数の生産地でもあり、したがって秋の紅葉で名高い地域でもある。イースタン・タウンシップスのエリアに空港はないため、モントリオールから車やバスでのアクセスが一般的。

イースタン・タウンシップスへの起点となるシェルブルックは、このエリアの最大都市。街路樹をはじめ、町全体にカエデの木が茂っており、秋には赤や金の葉が目に鮮やか。イースタン・タウンシップス全体の案内所があり、各地のパンフレットが用意されているので、ここで旅の道程を確かめよう。



©Stephane Lemire

プチホテルやワイナリーで味わう名物料理

シェルブルックの南西にあるのは、メーゴグという街。メンフレメーゴグ湖の北端に接し、スキー場として有名なモン・オルフォール州立公園が北にあることからアウトドアのアクティビティが盛んで、リゾートの中心として栄えている。

そこからさらに南西に進むと、サン・ブノワ・デュ・ラック修道院がある。時代がかった美しい佇まいでイースタン・タウンシップスを代表する建物の1つだ。神聖な雰囲気の館内とモザイク模様のタイルの回廊を見学したら、修道士たちによるグレゴリオ聖歌に耳を傾けて。最も古いヨーロッパ音楽の様式の1つであるグレゴリオ聖歌は、歌うこと自体が祈りであるべきという考えから生まれた、厳格な響きの美しい聖歌。静かな講堂に響く歌声は、信仰する宗教にかかわらず心が洗われるよう。併設の売店では、修道士らの手によるフレッシュなチーズや、シードル、アップルサイダーなどが販売されている。


©Asymetric/Finn O'Hara

©Clovis Durand

その少し西にあるのは、ノールトンという村。ブロム湖の南端にあるここは、イースタン・タウンシップスのエリア内でも初期に王党派が定住を始めた場所で、ビクトリア様式の古い建物が残る絵になる村。今、それらの建物はアートギャラリーやアンティークショップとして使用されており、アートの村として評判は上々。地元のアーティストが手掛けた工芸品もゲットできる。エレガントな村はレストランやカフェもおしゃれ。小さな港にヨットや小型船が出入りするのを眺めながら、ゆっくりお茶を味わいたい。ノールトンが属するレイク・ブロム・タウンでは、5万人もの人出でにぎわうダック・フェスティバルが9月後半に開催される。この町に限らずイースタン・タウンシップスでは、これから10月下旬にかけて収穫祭やハロウィンのお祭りなどが目白押し。


©Asymetric/Finn O'Hara

©Asymetric/Finn O'Hara

英国文化とフランス文化の融合

イースタン・タウンシップスは農園が多い土地柄、りんごやブドウ、ベリーなどの果実の産地としても名高い。ワイン街道と呼ばれるルート202沿いにはたくさんのワイナリーや果樹園が並ぶ。ワインの試飲がここでのいちばんの楽しみだが、お酒が飲めない人には、地元産のりんごでできたアップルサイダーがある。それに加えて、多くのワイナリーにはカフェ、または本格的なレストランが併設されている。また、イースタン・タウンシップスの名物である鴨料理は絶品。シュガー・パイにチーズと、ワインだけではない、ローカルの魅力が詰まったごちそうを味わおう。


©Clovis Durand

©Brome-Missisquoi

©Asymetric/Finn O'Hara

また、イースタン・タウンシップスでは、モン・オーフォール州立公園のほかに、モン・メガンティック国立公園やヤマスカ国立公園、ゴルジュ・ド・コアティクック公園など、星空の下でキャンプを楽しんだり、釣りや乗馬、ハイキングなどのアウトドアアクティビティができる場所にも困らない。


©Guillaume Poulin

観光ポイントは広範なエリアに点在しているので、車か、モントリオール発着のツアーを利用するのがいい。少しガタガタする田舎道は、初めてでも懐かしい気持ちにさせてくれる。のんびりまわって、自分だけのイースタン・タウンシップスの魅力を見つけよう。 


©Au Diable Vert

©Granby Zoo

Info
ケベック州観光局
www.quebecoriginal.com

イースタン・タウンシップス観光局
www.easterntownships.org

La Routes des vins (ワイン街道)
www.laroutedesvins.ca/en


Eastern Townships, Quebec