ウィンタースポーツ天国
Vancouver
バンクーバー(2011年12月16日記事)

Vancouver, Canada

カナダ全土が熱狂に包まれた2010年の冬季オリンピック開催から早2年。昨年は暖冬で、五輪開催期間中は例年より気温が高く、積雪も少なかったことからフリースタイル・ス キーとスノーボードの会場であるサイプレイス・マウンテンまでヘリコプターで雪が運ばれたのは記憶に新しい。
しかしこの冬は違う。同スキー場には10月下旬にすでに降雪があり、周囲のどこよりも早く11月初旬にオープンするなど、順調な滑り出しを見せている。サイプレイス・マウンテンの他にも、グラウス・マウンテン、マウント・シーモアと、バンクーバー近郊には車で20〜30分も走ると楽しめるスキー場が3つある。これらは何れも22時までオープンしており、仕事や学校が終わった後で気軽に滑りに行ける点も魅力だ。
冬のバンクーバーでは、スキーやスノーボードのウェアを着たまま、板やボードを持ってバスに乗っている人を見かける。市内からバスでスキー場まで行って滑るのだ。ちなみに、近郊の3つのスキー場のうちで最もアクセスが良く、1年を通して共交通機関で行くことができるのがグラウス・マウンテン。眼下にバンクーバーの街並みを見下ろしながら滑るコースがあることで有名だ。そのため、日中はもちろん、夜景を見ながらの夜スキーもここでの楽しみの1つ。また、本格的なレストランやカフェも併設されていることから、滑り終わった後で漆黒の空とその下に広がる光の海を見ながらのディナーなども魅力的なプランとなる。
サイプレイス・マウンテンとマウント・シーモアは、ダウンタウンの他、市内数か所から冬季シャトルバスが出ている。サイプレイスは3つのスキー場では一番大きく、また上級者用のコースが多い。更に設備面でも評価が高く、一番人気だと言えるだろう。一方、マウント・シーモアは、リフトチケットなどの価格が安いため若者に人気がある。また、スノーボードパークやハーフパイプが充実していることから、スノーボーダーが多く集まることでも知られている。そして、少し大きなスケールで楽しみたいなら、バンクーバーから北に約120キロに位置するウィスラーだ。ここが先の五輪でキージャンプやアルペン、クロスカントリーなどの会場となったのは周知の事実だろう。とにかくその広大さ(200以上のコースと38のゴンドラやリフト)と雪質の高さで他を圧倒するスキーリゾートだ。

最寄りの温泉

ウィンタースポーツでリラックスウィンタースポーツで楽しんだ後は、体をゆっくり休めよう。
バンクーバーから東に車で走ること約2時間で、カナダの温泉、ハリソンホットスプリングに到着する。源泉はハリソン湖にあり、そこに1926年にオープンしたリゾートホテルが、ハリソンホットスプリングリゾート&スパである。ホテルには2つの屋外ファミリープール、1つの大人用プール、そして2つの室内プールがある。中でも屋外のファミリープールは大きな石を組み合わせて建設されており、水着着用とは言え、どこか日本の温泉場を彷彿させる。この温泉にゆったりと浸かった後は、併設のスパでストーンセラピーやマッサージを受けてリラックス。特に、冬季には観光客が減るため、静かでゆったりとした時間を過ごせる。温泉、スパにマッサージと、日常の疲れを取るための最適な場所と言えるだろう。

〈文/児玉 清隆〉



More Info

BC 州観光局スキー&スノーボード(日本語)
whatsnew.hellobc.jp/theme_tour/ski.html

ハリソンホットスプリングリゾート&スパ
www.harrisonresort.com
 
 

Vancouver